寺田幸弘
寺田幸弘

寺田さんは監督志望で役者ではないのですが、なんやこのおもろいオッサンは!と思って、僕の短編の作品に出演してもらったら、またおもろかったので、このオッサンと一時間ぐらいの作品とりたいなぁと思って実際に撮影してしまいました。また監督として製作した「コマンダー」も高い評価を受けていますよ。

監督作品:コマンダー
出演作品:長い張り込み/暗い未来は壊せない/E-VIL・ロゼオ/ボンレスハム
 

瀧川裕也
瀧川裕也 ヒサシ役には罵倒するシーンがあるので、そうゆう役者さんを探していた所、ある撮影現場で瀧川君が出演してて、僕がレフ板をもっていたのですが、瀧川君の進む方向に僕が立っていたので瀧川君にエライ怒られまして、その時、ヒサシ役は滝川君やと思ってお願いしました。
「安もんのバッタ」でも僕の不注意で滝川君に怒られました。でもクランクアップには「ようやった!」と褒めてくれました・・・瀧川君は僕より年下なんですけどね!

主な出演作品:7人の不良/ラブシーフ/いつも3月花の頃/ロゼオ/京都陰陽師異聞  

  
すねおがある
すねおがある すねおと会うと必ず「有名になって大女優ならなあかんねん」っていうんです。そういう訳で、義務感なのかなんなのか分からないが関西を中心に、自主映画・モデルに活躍中!

主な出演作品:いつも3月花の頃/MATH 時の落とし子/ロゼオ
山田三稀
山田三稀 密かに女優に情熱を燃やす、某一流女子大学生。「安もんのバッタ」では、記録から女優までとマルチに活躍。また、バッタの飼育もこなし、バッタの扱いにはただならぬ愛情を見せた。演技力は未知数ではあるが、天然の演技力にはただならぬものを感じる。食いしん坊。

主な出演作品:男と女と雨と/フリフリ坊主
角田あつし
角田あつし 人気沸騰中のsecret7の看板役者。演劇以外でも自主映画出演など幅広く活動している。芸達者で声がでかい。ほおっておくと好き勝手な演技をしてしまう。極めて楽しい人。

主な出演作品:びらびら/ロゼオ


※ secret7のHPはここ
植村好宏
植村好宏 関西演劇界を所狭しと活動しています。いつ電話してもお芝居しています。一日の撮影でしたが、その存在感で撮影現場を圧倒。
ネクタイを自分で締めることができないので、締めてあげたら「これでまた、自分でネクタイを締めれない未来が広がった」と発言。周囲の爆笑を誘う。

主な出演作品/E-VIL/京都陰陽師異聞
高寺裕司
高寺裕司 個性的な演技で自主映画から商業映画まで幅広く活躍。会うと、いつも素敵な笑顔を見せてくれます。本作では、医者のキャスティングにあたり実績のあるひとでないといけないと思ったので、ワンシーンながらお願いしたところ快く協力してもらいました。あっハリウッド映画にも出演しているみたいですよ!

主な出演作品:108/みんなの日記/トラップト・アッシュ/E―VIL/ロゼオ
大西裕也
大西裕也

銭湯でアルバイトしている大学生。
非常におとなしい性格だと思っていたら、撮影現場に現れるや爆睡という大胆な行動で周囲をアッと言わせる。
短い出演ながら等身大の演技を彼なりに頑張る。
バッタの採集にも参加してフラフラなる。
独特の存在感がある。

主な出演作品:男と女と雨と

桃太郎さん
桃太郎さん

大阪ミナミのBar Stonsのマスター。主演の寺田さんの古い友人。
本作にBar Stonsのロケ地提供をしていただく。
桃太郎さんは弾き語りも達者でBar Stonsに訪れるお客さんにその美声を響かせている。

主な出演作品:コマンダー

エキストラ出演
山田能子/村田吉聰 /カンダ ウイ /ドウマエユミコ /錦大輔 /有田こうじ/ プール庵
今井いおり

2000年に大阪ビジュアルアーツ専門学校卒業後様々なアルバイトを経て、2003年より短編作品を中心に自主映画活動を始める。主な監督作品として
「シアワセノアルキカタ」 「ボンレスハム」などがある。
また、関西自主映画上映イベント「ZUGABE」の一分映像対決ですべてに勝利。「URACIO」ではヨーロッパ企画との映像対決にも参加している。
本作「安もんのバッタ」で長編初挑戦をする。

岡昌明
岡昌明

本職はコンピューター関係であるが、休日になると、デジタルカメラを片手に各名所を撮影をしているアウトドア派。
そして、自宅でネバネロを育てているほどの激辛好き。
また、アーティストのミュージッククリップなどの撮影・編集という活動もしている。
本作ではメインカメラマンの他に、「荷物運ぶん大変やろー」と台車の提供、朝5時からの荷物の搬入作業、スタッフ・キャストの送り迎えなど、本作に多大な貢献をしていただく。
本当に岡さんがいなかったらこの作品の完成はありませんでした。

古谷壮志
古谷壮志

映像制作会社に勤めながら、演劇の演出家・脚本家としても活動。本作のシナリオから協力していただき、「途中でいいからシナリオを見せて」と言うので見せたら「途中じゃないですか」という返答が返ってくる。監督が一番シナリオで悩んでいる時に叱咤激励をする。またステディカム撮影の機材を製作し本作に活用する。監督と同い年なのに監督の倍以上のスキルを持つ。

前田智広(Light House)
前田智広(Light House)

京都でガンアクションを中心に自主映画活動を続けているベテラン実力派監督。数々の作品が多数の映画コンテストで入賞している。撮影時にも、長年の経験を生かして的確なアドバイスをする。
特にイマジナリーラインには鋭い目を光らせている。
主な監督作品
Re-play
長い張り込み
fake
京都陰陽師異聞 など多数。

※ Light HouseのHPはここ

村田吉聰
村田吉聰

ラジオドラマや演劇の脚本などで活動している京都在住の脚本家。本作ではシナリオ制作において、「傑作でないと意味がない」という制作テーマの元、監督と共にボロボロになりながら完成稿にこぎつける。また、資料のチェックの他、バッタの採集には京都の河川敷でバッタの穴場を見つけ、虫カゴ一杯のバッタを捕まえる。村田さんがいなかったらこの映画の撮影の始まりはありませんでした。スナックのシーンではお客さん役としてエキストラ出演。驚くべきほどのリアリティーを発した。

大野将志(De:SIGN )
大野将志(De:SIGN )

関西を中心にブライダル撮影・野球撮影・グラビアアイドル撮影など幅広く活動している映像クリエイター。撮影時には、最も俊敏に動き、問題を解決する頼りになる人。そしてその人柄から、誰からも信頼されている。でも酔っ払うと別人格で横に座る人を殴る。自主映画監督としても精力的に活動し、質の良い作品を提供し続けている。
主な監督作品
びらびら
ロゼオ
             
※ De:SIGNのHPはここ

小田芳揮(De:SIGN )
小田芳揮(De:SIGN )

テレビでオダギリジョーがMacで映像編集をしているのを見て、今ってMacで映画作れるんやと感激して自主映画の世界に飛び込む。制作能力高さで初監督ながら完成度の高い「E-VIL」を制作する。監督が音声機材の使用方法を教えてから、音声としても活躍。監督よりも音声の質を求め、音声の技術は遥か監督の上をいく。また、撮影時には「監督、説明に主語がないです」とアドバイス。監督をひどく傷心させる。

主な監督作品
E-VIL

山田能子
山田能子 男ばかりの撮影現場に一輪の花。小説家を目指しながら病院の受付の勤務をしている。本作では、学生時の写真部の経験を生かしスチール写真撮影。また記録という仕事を新人の高橋さんと山田さんに教育する。打ち上げ時の飲み会では下ネタに絶対に分からないふりをする貞操観念最強の女の子。
椿野越
椿野越

関西を中心に役者・バンド・エアギターなど精力的に活躍している。めちゃくちゃ優くて、たまに監督がデタラメなメールを送ると、本当に頭がおかしくなった思い、心配して電話してくれる。本作では出演機会がなかったんですが、スタッフが足りなくて藁をもつかむ思いで、頼んだら2の返事で手伝ってもらいました。本当に優しいんです。

主な出演作品:7人の不良ラブ・シーフ/びらびら/パートナー/ロゼオ

※ 椿野越君のHPはここ

カンダウイ
カンダウイ

滅多斬りパンク歌謡の女王。関西を中心にライブ活動している。ライブは独特の雰囲気に包まれて、ウイワールドを満喫できる。
最新アルバム「ヒモになりたい」では何度聞いてもクスッとさせる歌詞とキュートな歌声が詰まっている。
そのアルバムの中のハワイアンテイストあふれ、そして時代の空気を大きく吸った「ヒモになりたい」を本作のエンディング曲として提供していただきました。
美人!

※ カンダウイさんのHPはここ

高橋恵
高橋恵

最年少19歳の女子大生。最年少にもかかわらず、タメ口で皆と接する・・・面白いので注意しなかった・・・他のスタッフも気を悪くしなかった・・・頑張って動いていたからだ・・・けどバイト先で怒られたみたい。本作では「焦げたバッタ」の小道具の製作をする。ちゃんと図鑑でバッタの構造を調べて製作したとか・・・えらい!彼女は監督志望なので「監督やる?」と言うと物凄く喜ぶ・・・「脚本書いたらね」というと、なんだか黙ってしまう。

有田こうじ
有田こうじ

小説家を目指す大学生。この子大丈夫かなぁと思っていたらいきなり、本作の7割を占める工場のロケ地を見つけてくる。なんと彼が通っている小説の学校に工場の創立者である会長が小説の学校に通っていたのだ。いきなり満塁ホームランをかましたのであるが、撮影に入ると、撮影に集中できずに芝生を眺める、本番中に棒を振り回し、落として音を出してNGにさせる、室内撮影では、部屋にあった漫画を読み始めて、注意したら「すいません漫画が面白かったので」と言い訳をする、監督のいないときは動かず、監督が来たとたんに動き出すと、皆を呆れさせ、さすがに反省したのか、荷物を両手一杯に持ち、頑張り始めたらその荷物をスタッフの大野さんの車にぶつけて傷を付けるというオチ。悪いのは有田ではなくゆとり教育が悪いのだ。

ドウマエユミコ
ドウマエユミコ

mixiでタダ酒飲めますとエキストラ募集したところ、飛びついてきた風呂屋の娘さん。劇団海月では看板女優として活躍している。自主映画では出演の他、メイクさんとしても活躍してます。常に和服で行動している。

主な出演作品
不倫あかん


劇団海月のHPはここ

杉山佑里
杉山佑里

ウッス!ワタシ映画の勉強したいっスと見学にやってきた山口県出身のお嬢さん。
「勉強になった?」と聞いたら、俯いて苦笑いだけ返ってきました。

大野真由美
大野真由美

ウッス!ワタシ映画の勉強したいっスと見学にやってきた和歌山県出身のお嬢さん。
「勉強になった?」と聞いたら、大爆笑が返ってきました。

松川睦
松川睦 実際に会うと役者さんかと間違える程、存在感のあるイケメン。 誰もが知っているゲームのデザインであったり、テレビ局のCGであったり、Adobeの本に載っていたりと、凄過ぎる実績なのに、本作のCGの依頼に「いいっすよ!」と快く受けていただきました。
la poussette
オリジナリティ溢れるやわらかな音楽を制作しているクリエイター。またグラフィック・ウェブデザイナーなど幅広い活躍をしている。音楽の質の高さと曲のジャンルの幅広さから職人的な側面も見せる。
※ la poussetteのHPはここ
村田康吏
村田技研という映像制作団体のリーダー。監督と彼とは近所なので、公園で缶珈琲一本で映画の話を延々していることもしばしば。本作では広角レンズを貸していただく。
※ 村田技研のHPはここ
椿野越
以前、監督と同じ会社に勤めていたイラストレイター。現在は東京で勤務している、非常に真面目でセンスがある優秀な男である。そんな要素とは関係のないエキストラとして出演。ゴキブリが苦手。
TOP